上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちわ。






今日は、「キックアス(2010年公開)」について、紹介していこうと思います。






このキックアスという映画。もうホント大好きなんですよね!!





なんでかって、becouse....





私が愛するクロエ・グレース・モレッツの代表作であるからです!←





クロエちゃんの魅力もたっぷりですが、その他の登場人物も魅力たくさんで大好きな作品の一つです!




<あらすじ>
 NYに住むデイヴ(アーロン・ジョンソン)はコミックオタクでスーパーヒーローに憧れる平凡な高校生。ある日、インターネットで買った自前のスーツとマスクで、自分もヒーローとして勝手に街っで活動を開始。何の特殊能力も持たない彼は、初出勤のときにあっさり犯罪者にやられるが、その捨て身の活動がネットで話題になり”キック・アス”の名で一躍有名に。やがて、高度な訓練を受けた美少女ヒーロー”ヒット・ガール”(クロエ・グレース・モレッツ)と、その父”ビッグ・ダディ”(ニコラス・ケイジ)の力を借りて、犯罪組織に立ち向かう!



と、ヒーロー物にも関わらず、「キックアス」の主人公は、何の特殊能力も持たず、ギークボーイかつ童貞かつ大した筋力、頭脳もないという、ある意味新星なヒーローです。ただ、正義を貫く心は誰にも負けないと思います。その時、勇気がちゃんとあれば…w



 そして、この「キックアス」を観れば、誰でもその存在感に目を奪われるクロエが演じる「ヒット・ガール」。
このヒットガール、かなりアクションシーンが多いのですが、9割方、スタントマンを使わないで、クロエ本人が演じてるそうです。なんと、キックアスの撮影が始まる前、本格的なサーカス団などに混じり、7か月間ほど特訓したそうです。
なんというプロ意識と運動神経でしょうか・・







クロエちゃんの特訓の成果でもある、バタフライナイフのさばきです












予告編











<簡易人物紹介>
・デイヴ・リゼウスキ/キック・アス(アーロン・ジョンソン)
kad.png
本作主人公。特殊能力ゼロ、モテ度ゼロ、体力微妙の三拍子の素人ヒーロー。ただ、ヒーローには憧れているので正義感は強い。最近見たPCサイトは「ビーチクドットコム」。オカズは英語教師←。
kiaa.png
          キック・アス姿

・デイモン・マクレイディ/ビッグ・ダディ(ニコラス・ケイジ)
bdn.png
 ヒット・ガールであるミンディの父。元凄腕警官。であるからして、重火器や殺しのテクニック等に精通している。とりあえず、すごい人。どんだけすごいかと言うと、マグナムで自分の娘を何発も撃っちゃうくらいすごい。そして、アメコミ風イラストがすごいうまい。
bd.png
           ビッグ・ダディ姿

・フランク・ダミーコ(マーク・ストロング)                  ※イラスト(ビッグ・ダディ作) 
kacd.png
 本作の諸悪の根源。ダミーコ一家の首領。過去にビッグダディとは、因縁がある。デイヴの学校に通ってる一人息子を持つ。だが、その息子は少しお察し…という感じである。殺し、賄賂、麻薬など全般的にやる悪党である。







そして、我らがヒロイン。

・ミンディ・マクレイディ/ヒット・ガール(クロエ・グレース・モレッツ)
hit.png
はい、かわいい。もうこの一言で全ての紹介になるくらいかわいい。しかも、強い。その強さは、父であるビッグダディから、小さい頃から、いろいろな武器な扱い方、殺し、体術の英才教育を受けているからこそ。バースデープレゼントには、お人形さんやかわいらしいものより、サバイバルナイフやガトリングなどのが喜ぶ模様。もう、この映画を見た人は大体がヒットガールのこと好きになっちゃうんじゃないんでしょうか←
hg.png
          ヒット・ガール姿



 守 り た い そ の 笑 顔 




それでは、感想に移りたいと思います。これから先はネタバレに注意してください。




いやー、なんか最初はよくある洋画のB級映画を観てる感じで観てましたが、





途中から、面白いのなんのって




小っちゃい女の子が人を撃ちまくるの、切りまくるの、刺しまくるの




人が爆発しちゃうの、つぶされるの、足飛ぶの




バイオレンスでハチャメチャでもう呆気にとられました。




ヒットガールによるギャング達の殺戮シーンのBGMも陽気すぎて笑いましたw



そのBGM↓      ちなみに1分50秒辺りからです。











この映画、結構全部通してコメディタッチに描かれているのですが、やっている行動などは






割と、エグイです。





どういうところが、エグイのにコメディタッチに描かれているかというと





冒頭の、キックアスがチンピラに刺されて車に撥ねられて、身体の骨が粉砕されてしまうシーンや





さっきも紹介したヒットガールの初登場の殺戮シーン





そして、ラストのフランク・ダミーコをキックアスがバズーカ砲で木端微塵に吹き飛ばすシーン(ここは割とシリアスかな?笑)





普通の映画では、かなりシリアスなシーンに描かれるはずなのですが、コメディタッチに描かれています。






実際、原作となっているマークミラー原作のコミック版ではかなりショッキングかつグロイ内容だそうです。





このコミック版は私も買いましたので、届いたら紹介しようと思います。

キック・アス (ShoPro Books)

新品価格
¥2,310から
(2014/3/26 00:42時点)







とりあえず、僕の拙い文章力ではこの作品のすばらしさを100%伝えることができませんが





絶対に言えることは、アクション好き、スカッとしたい時などに観れば





たまらない作品の一つではあると思います!





点数をつけるのであれば、100点中90点だと思います!





本当に魅力ある登場人物目白押しです。





そして、こんなキックアスですが




つい最近まで続編である




「キック・アス ジャスティス・フォーエバー」




が、公開されていました!




Kick-Ass 2 [Blu-ray] [Import]

新品価格
¥2,623から
(2014/3/26 01:06時点)



もうすでにDVDがあるんですね!ただ、輸入盤なので日本語吹き替えや、日本語字幕はないそうです。あしからず!








こちらも、すんばらしく面白かったです。ヒットガールファンは尚更楽しく観れたと思います。





今後、さらに続編が出て、それが最後のようです。それも期待ですね。






では、ここらへんで・・・






































ka.png
       





  よりによって、英語教師(熟女)をオカry…にしてる                              
               
                デイヴは

   なかなかの強者だなぁと思いました(小並感)


キック・アス<スペシャル・プライス版> DVD

新品価格
¥909から
(2014/3/26 01:05時点)



スポンサーサイト

こんばんわ。




2004年公開のエリック・ブレス/J・マッキー・グラバー監督による




「バタフライ・エフェクト」について紹介をしていきたいと思います。





まず、最初に






今回の映画にクロエちゃんは出ていません…あしからずッ…






では、なくて





みなさんは、この映画の題名にもなっている「バタフライ効果」という言葉をご存知でしょうか?




ちょこちょこ、日本のアニメや映画などでも、タイムリープものなどでは




見られるものなのですが




バタフライ効果とは、カオス力学理論というもので




「極めて小さな差が、無視できないほどの大きな差生む現象」というものであります。




映画の冒頭でも説明されていますが、簡単にいうと




「小さな蝶の羽ばたきが、地球の裏側では台風を起こすこともある」



と、言うことです。






<あらすじ>
 時折、記憶を喪失する少年だったエヴァン。成長してからはその症状もなくなったのだが、ある日、その治療のために小さい頃から書いていた日記を読むと過去に戻れる能力があることを知る。自分のせいで幼馴染のケイリーの人生を狂わせてしまったことを悔やみ、過去に戻り運命を変えることを決意する。しかし、過去に戻り、選択肢を変えることにより新たに始まる人生は、ことごとく、彼を含め彼の愛する人の誰かが、幸せではなかった。エヴァンは、自分とその周りの人々が、全員幸せになる人生を求め、戻るべき過去の時点と、その選択肢を模索する。






 
 このような、タイムリープ物すごい大好きなんですよ!しかも、TUTAYAのランキングでもかなりの上位で、名作であること間違いなし!と思い鑑賞することにしました!






予告編










<簡易人物紹介>
・エヴァン(アシュトン・カッチャー)
bee.png
 本作主人公。小さい頃とかは、結構太っていたりなどしてあまりかっこよくはなかった←。が、青年ver.はかなりのイケメン。幼少期の頃、多数の記憶障害に悩まされており、治療として日記を毎日書き始める。その日記が大人になった今、過去に戻れる為の重要なキーアイテムとなる。

・ケイリー(エイミー・スマート)
bek.png
 エヴァンの幼少期の時の友人の一人。エヴァンの初恋の相手でもある。両親は離婚しており、あまり好いていない父親に兄(トミー)と共に引き取られる。その父親にかなりの問題があり…。
そして、物語は関係ないが、演じる女優エイミー・スマートは私のお気に入りの女優さんの一人でもある(^ω^)←
 彼女が出演している「アドレナリン」シリーズは共に派手なアクションが観たい時はもってこいです←

アドレナリン [DVD]

新品価格
¥3,240から
(2014/3/24 03:02時点)




・トミー(ウィリアム・リー・スコット)
bet.png
 画像は、幼少期時代のもの。ケイリーの兄。多くの事件の原因でもある人物・・。ただ、この子もいろいろ不憫なのではあるが・・・。サディストな面を持つ。

・レニー(エルデン・ヘンソン)
berr.png
 エヴァンの幼少期の友人の一人。幼少期はだいぶ豊満な体をしていた。が、大きくなるとダイエットは成功した模様。この人物が、過去改変にあたって一番変化のある人物かもしれない。飛行機のプラモデルを作ることが好きである。

・サンパー(?)
ber.png


せ、世紀末ッッッ!!?


※エヴァンのルームメイト





以下ネタバレを含むので、注意してください。




いやー、すごい映画でした。すごい私得な映画でした。大好物でした。




冒頭のエヴァン幼少期の記憶喪失の部位が




大人になったエヴァンが過去に戻った際の部分というところには




なるほどな、と思いました。




そして、状況を打開すべく、何度も何度も



過去改変をするにあたり




過去改変をした1つの世界では、トミーは信仰深くなり依然のトミーとは打って変わり少年院にも行かず




ケイリーは、過去のロリコン父によるトラウマを作ることもなく、トミーによる打撃による顔の傷もなく無事大学へ進み




レニーは、ダイナマイト事件で精神崩壊することもなく、トミーを殺したことによる精神病院への隔離もなく




それぞれの人がそれなりの幸福を手にしている中、




過去改変に奮闘したエヴァンは両手を失い、さらに愛するケイリーはレニーとカップルになっているという




観客からしたら、なんでこんな不憫な展開なの・・・という状況にも限らわず




そこでは、自分の為に過去改変を行おうとしません。




その世界線でも過去改変をしますが、それは母親の為です。





エヴァンの「過去改変は、あくまでも自分の為ではなく、人の幸福の為にする」




ところに、非常に心に来ました。なんで、そんな行動ができるのか・・・(ノД`)・゜・。




そして、最終的な判断として、エヴァンは







ケイリーと出会うということをなかったことにする。







という、過去改変を行います。





ここの過去改変を行う際、今まで使っていた日記が存在しなくなり





手に汗握る展開となっていました。





本当に、こういったタイムリープものは





全ての記憶を所有している人物が切なく、悲しい終わりのものが多いですね。






全体的に見て、私が期待した以上の面白さ、完成度でもあり、






点数をつけるとした、100点中95点くらいだと思います。





私がこういう系が好きなので、だいぶ高得点にしてしまってますが、





観て損することは、絶対ないと思います!!





あと、バタフライエフェクトはあと、2、3と続いているようなので近いうちに観たいと思います。




そして、このバタフライエフェクト、近いうちにリメイクされるそうです。




すごい期待ですね!




では、拙いブログですが、ここらへんで。。。



























っく、、、、、オチが今回思いつかない、、、、、












ハッ・・・・!











ber.png


こいつのこと最初、レニーの大人版かと思ってました。(๑•́ ₃ •̀๑)


みなさんも、そう思いませんでしたか?←


バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション [DVD]

新品価格
¥3,729から
(2014/3/24 03:42時点)




こんにちわ。

 





本日2本目の記事です。








今回はダークシャドウ(2012年公開)について紹介していきたいと思います。





監督ティム・バートン×主演ジョニー・デップとだけあって





観る前から期待が高かった映画でした!




<あらすじ>

 1752年、イングランドはリヴァプールのコリンズ一家が北アメリカに渡った。息子のバーナバス・コリンズ(ジョニーデップ)は裕福なプレイボーイに育ち、メイン州コリンズポートの町でコリンウッド荘園の所有者となった。だが、彼は魔女を失恋させてしまったことでヴァンパイアにされ、生き埋めにされてしまう。それから2世紀後の1972年、バーナバスは偶然棺から脱出するが、かつての自分の土地は荒れ果て、子孫たちも落ちぶれていた。






あらすじからと


09090.jpg

このジョニー・デップの顔に吹いてしまいw









あと、アダムスファミリーみたい


dsf.png






期待の映画でしたw


もはや、ジョニー・デップの顔のメイクは毎度毎度のことで


ニュースとかですっぴんのジョニー・デップが出てくると誰だかわかりませんよねw




予告編











<簡易人物紹介>
・バーナバス・コリンズ(ジョニー・デップ)
jd.png
かなりのプレイボーイかつヴァンパイアになった人間です。抱いた女は数知れず・・・。まぁ相当な金持ち地主であり、腕もかなりあるならば、当然なのでしょうか。催眠術(かなり強力)を扱うことができ、自分の言うことを聞かない人間はバッタバッタと催眠術をかけ、言うとおりにしていきます。

・アンジェーリーク・ブシャール(エヴァ・グリーン)
mj.png

その美貌、その大きなダイナマイトボディ。まさに、魔女であると思います←
18世紀の頃、バーナバスを生き埋めにしてからは、姿を変えつつコリンズポートをずっと管理課においているやり手の女社長である。

・ヴィクトリア・ウィンターズ(ベラ・ヒースコート)
無題

一応、ヒロインということなのだろうか?コリンズ家に家庭教師としてやってきた彼女。幽霊が幼いころから視えるらしい、アンビリーバブルな女性。この人を見て、外ハネのこの髪型もいいなぁと思わせてくれた←。とりあえず、かわうぃいw

・キャロリン・コリンズ・ストッダート(クロエ・グレース・モレッツ)
kuroe2.png

今回のクロエちゃんは、一家のワガママお嬢様役。音楽が好きみたいで部屋の内装やら、曲に対して踊ったり、カーペンターズをテレビで流すシーンなどもあります。しかし、可愛いクロエちゃんが最後あんな姿になるとは…い、いかん!!

ds600300.png

このクロエちゃんの画像がかっこよぎて、、惚れ直しました。某マンガのバラライk・・を彷彿させるボス感です。





以下はネタバレ等含むので、注意してください。






んー、ティム・バートン×ジョニー・デップということで





しかも、予告編とかも面白そうだったんですが






全体的に盛り上がりに欠け、一番盛り上がったところが





バーナバスの復活により、一家を更生しようと家や工場を再興させるシーンかなと思います。





そのあとからは、ずっと同じような感じでしたね…






かなり期待していたので、残念だった感があります。




まず、ヴィクトリアは本当に必要なキャラだったのかな・・?とも思ってしまいます。




ヴィクトリアは結果とすると、バーナバスの妻であったジョゼットの生まれ変わり?のような存在で




最後、ジョゼットの霊がヴィクトリアの身体を乗ってる?形で、崖から飛び降り




バーナバスに噛まれることにより、ヴァンパイア化して終わるという結末でした。





ヴィクトリア自身はあまり話にも、入って来ず、幽霊の視える家庭教師さん程度のキャラ付けしかありませんでした。







あと、バーナバスの人間性についても思うことがいろいろありました。



時代のせいなのか、こういうキャラとして受け止めなければならないのですが・・・






人に催眠術かけすぎ、






人を殺しすぎ、




アンジェリークに誘惑されたからってエッチするし動きが激しすぎ(笑うレベルです)





アンジェリークが激怒した時役にたたなすぎでした←




アンジェリークに止めを刺すのも、ただの幽霊(デヴィットという子供の母)で、なんかすっきりはしませんでした。





本当に主人公なのかなと思ってしまうほどでした。







しかし、シナリオは少しあれでしたが






作品の雰囲気や音楽などは、素晴らしいと思いました。






ただ、実際途中だらけた感と最後あまりすっきりしなかったので






100点中65点くらいですかね…





ティム・バートン×ジョニー・デップは面白いのが多く、期待していた分こんな感じですかね…






でも、こんな感じでクスっと笑えるシーンなど結構あります





dsa.png















最後に








まさか、、、







あの可愛いクロエちゃんが、、、、







こんなことになるとは、、、、、、、







しかし、逆にありなのではないか・・・?






うわぁぁっぁぁぁあああ


kuroeeee.png








。。。。





















野性的で肉食系女子なクロエちゃんも魅力的です( ◉◞౪◟◉)ゲス顔←


ダーク・シャドウ Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)

新品価格
¥2,300から
(2014/3/22 20:14時点)


ki.png

こんにちわ。




それでは、今日は「ヒューゴの不思議な発明」(2011年公開)についての感想を書いていこうと思います。





<あらすじ>

 1930年代のフランス・パリ。父を火事で失ったヒューゴ(エイサ・バターフィールド)は駅の時計台に隠れ住み、駅の時計のネジを巻いて毎日を過ごしていた。ひとりぼっちのヒューゴの唯一の友達は、亡き父が残した壊れたままの”機械人形”。その秘密を探るうちに、ヒューゴは機械人形の修理に必要な「ハートの鍵」を持った少女イザベル(クロエ・グレース・モレッツ)と夢を捨ててしまった老人ジョルジュ(ベン・キングスレー)に出逢う。そして、ヒューゴは機械人形には、それぞれの人生と世界の運命をも変えてしまうメッセージが隠されていることを知る。機械人形に導かれて、ヒューゴは世界を修理するための冒険が今、始まる・・・。



予告編




<簡易人物紹介>

・ヒューゴ(エイサ・バターフィールド)
hyu-go.png

父に機械のノウハウを幼き頃より、教え込まれているので、機械の修理やピッキング←などはお手の物な少年。父が亡くなってしまったので、現在は飲んだくれ叔父さんに引き取られ、駅の時計台の時計係をしている。

・イザベル(クロエ・グレース・モレッツ)
kuroe.png

今回もやはりかわいい、、かわいすぎるのあまり後光も指している、、、(映写機の光←)
ベレー帽にカットソーでおしゃれさんですね(^ω^)
イザベルは、読書大好きな冒険に憧れる好奇心旺盛な少女です。彼女も両親は亡くなっていますが、それでもジョルジュ達に引き取られ、幸せライフを送っています。

・パパ・ジョルジュ(ベン・キングスレー)
joruju.png

駅構内のおもちゃ屋を営んでいるおじいさん。イザベルを引き取り、ママ・ジャンヌとともに3人で暮らしている。最初はなんだこの意地悪じいさんは・・・と思える。

・機械人形
ki.png

怖い(震え声)




以下はネタバレ等含むので、お察しください。




ヒューゴと不思議な発明・・・・









不思議な発明・・・・












発明・・・・










ヒューゴは発明しません







ヒューゴは、機械の修理やピッキングなど、物語を大きく動かす修理等はしますが


題目でもある「発明」は一切しませんww


逆に「発明」をしているのは、ジョルジュです


あと、これの公開当時に予告編やあらすじなどを見る限り、


ヒューゴが発明をし、様々な冒険をするファンタジー的な内容を予想していたのですが観てみると、



映画に魅せられ、映画を生業にした一人の青年とそれを取り巻く人と時代背景の描写




という、非常に大人向けな内容だったと思います。



内容としては素晴らしかったと思います。



ただ、当時冒険ものとして、映画館に来た子供たちは




途中で寝てしまったのではないかな?と思いますw




日本でのこの映画の売り方がダメだと思いますね。




そして、マーティン・スコセッシ監督の映画への愛情が見て取れ



観客にも映画の素晴らしさについて考えさせられるものだとも思います。



劇中に出てくる、現在の映画と過去の映画の対比のようなものは圧巻です!



時の流れの中で、ここまで映像美、技術の進歩


そして、過去の映画作りでのCG等を使わずして、アイデアなどで思い描いた映像を作る姿に



感銘を受けました。




冒険映画として観たら100点中60点くらいな気がしますが



普通にそういうの抜きで観たら100点中85点だと思います。



映画好きな人ならもちろん、クロエちゃん好きにも



素敵でオススメな映画だと思います




hyu-go1.png




はっ(゚ロ゚;)エェッ!?



う、うらやましい、、、、




ヒューゴめぇ、、、、、






ヒューゴの不思議な発明 [Blu-ray]

新品価格
¥1,380から
(2014/3/22 13:54時点)


こんにちわ。




最近、ものすごく好きな女優さんがいます。





それは、アメリカ合衆国の女優さんである




クロエ・グレース・モレッツです!!
クロエ


まだ、若干17歳の彼女、、、、

o0500068311556374040.jpg






















17歳、、、




























(;゚Д゚)














(゚Д゚;)














(;つД⊂)ゴシゴシ

























(゚Д゚)え?17歳…!?年下に見えない…









すごい大人びていてキレイですよねww









でも、綺麗さのある中で可愛さも兼ね備えていて、、、もう最強ですわぁ、、、











最初の画像はまだ初々しさが残るような画像ですが


images.jpg












もう初々しさなど感じないくらい、成長しています。










か、かわいすぎる・・(;´Д`)ハアハア










そりゃあ、2013年の「世界で最も美しい顔100人」のうち






第3位に選ばれるだけはありますねぇ!!






そんな彼女の言わずもがなな代表作




キックアスはすごいオススメな映画です!!


キック・アス<スペシャル・プライス版>Blu-ray

新品価格
¥1,940から
(2014/3/22 01:34時点)






他にも彼女は





ヒューゴ




キャリー




モールス




ダークシャドウ



などにも出演しています。




今後は新作のスターウォーズの主演にも





なるんだとか良い噂しか聞きません





今後もこのクロエ・グレース・モレッツは目が離せませんね!!





先ほど紹介した映画は





すでに鑑賞しているので






今後、それぞれ記事を書かせていただこうと思っています(^O^)





それでは、拙いブログではありますが、




ここらへんで







ヒューゴの不思議な発明 [Blu-ray]

新品価格
¥1,380から
(2014/3/22 01:40時点)



ダーク・シャドウ Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)

新品価格
¥2,300から
(2014/3/22 01:41時点)



モールス [Blu-ray]

新品価格
¥1,354から
(2014/3/22 01:42時点)



キャリー 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定)

新品価格
¥3,115から
(2014/3/22 01:43時点)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。