上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんばんわ。




2004年公開のエリック・ブレス/J・マッキー・グラバー監督による




「バタフライ・エフェクト」について紹介をしていきたいと思います。





まず、最初に






今回の映画にクロエちゃんは出ていません…あしからずッ…






では、なくて





みなさんは、この映画の題名にもなっている「バタフライ効果」という言葉をご存知でしょうか?




ちょこちょこ、日本のアニメや映画などでも、タイムリープものなどでは




見られるものなのですが




バタフライ効果とは、カオス力学理論というもので




「極めて小さな差が、無視できないほどの大きな差生む現象」というものであります。




映画の冒頭でも説明されていますが、簡単にいうと




「小さな蝶の羽ばたきが、地球の裏側では台風を起こすこともある」



と、言うことです。






<あらすじ>
 時折、記憶を喪失する少年だったエヴァン。成長してからはその症状もなくなったのだが、ある日、その治療のために小さい頃から書いていた日記を読むと過去に戻れる能力があることを知る。自分のせいで幼馴染のケイリーの人生を狂わせてしまったことを悔やみ、過去に戻り運命を変えることを決意する。しかし、過去に戻り、選択肢を変えることにより新たに始まる人生は、ことごとく、彼を含め彼の愛する人の誰かが、幸せではなかった。エヴァンは、自分とその周りの人々が、全員幸せになる人生を求め、戻るべき過去の時点と、その選択肢を模索する。






 
 このような、タイムリープ物すごい大好きなんですよ!しかも、TUTAYAのランキングでもかなりの上位で、名作であること間違いなし!と思い鑑賞することにしました!






予告編










<簡易人物紹介>
・エヴァン(アシュトン・カッチャー)
bee.png
 本作主人公。小さい頃とかは、結構太っていたりなどしてあまりかっこよくはなかった←。が、青年ver.はかなりのイケメン。幼少期の頃、多数の記憶障害に悩まされており、治療として日記を毎日書き始める。その日記が大人になった今、過去に戻れる為の重要なキーアイテムとなる。

・ケイリー(エイミー・スマート)
bek.png
 エヴァンの幼少期の時の友人の一人。エヴァンの初恋の相手でもある。両親は離婚しており、あまり好いていない父親に兄(トミー)と共に引き取られる。その父親にかなりの問題があり…。
そして、物語は関係ないが、演じる女優エイミー・スマートは私のお気に入りの女優さんの一人でもある(^ω^)←
 彼女が出演している「アドレナリン」シリーズは共に派手なアクションが観たい時はもってこいです←

アドレナリン [DVD]

新品価格
¥3,240から
(2014/3/24 03:02時点)




・トミー(ウィリアム・リー・スコット)
bet.png
 画像は、幼少期時代のもの。ケイリーの兄。多くの事件の原因でもある人物・・。ただ、この子もいろいろ不憫なのではあるが・・・。サディストな面を持つ。

・レニー(エルデン・ヘンソン)
berr.png
 エヴァンの幼少期の友人の一人。幼少期はだいぶ豊満な体をしていた。が、大きくなるとダイエットは成功した模様。この人物が、過去改変にあたって一番変化のある人物かもしれない。飛行機のプラモデルを作ることが好きである。

・サンパー(?)
ber.png


せ、世紀末ッッッ!!?


※エヴァンのルームメイト





以下ネタバレを含むので、注意してください。




いやー、すごい映画でした。すごい私得な映画でした。大好物でした。




冒頭のエヴァン幼少期の記憶喪失の部位が




大人になったエヴァンが過去に戻った際の部分というところには




なるほどな、と思いました。




そして、状況を打開すべく、何度も何度も



過去改変をするにあたり




過去改変をした1つの世界では、トミーは信仰深くなり依然のトミーとは打って変わり少年院にも行かず




ケイリーは、過去のロリコン父によるトラウマを作ることもなく、トミーによる打撃による顔の傷もなく無事大学へ進み




レニーは、ダイナマイト事件で精神崩壊することもなく、トミーを殺したことによる精神病院への隔離もなく




それぞれの人がそれなりの幸福を手にしている中、




過去改変に奮闘したエヴァンは両手を失い、さらに愛するケイリーはレニーとカップルになっているという




観客からしたら、なんでこんな不憫な展開なの・・・という状況にも限らわず




そこでは、自分の為に過去改変を行おうとしません。




その世界線でも過去改変をしますが、それは母親の為です。





エヴァンの「過去改変は、あくまでも自分の為ではなく、人の幸福の為にする」




ところに、非常に心に来ました。なんで、そんな行動ができるのか・・・(ノД`)・゜・。




そして、最終的な判断として、エヴァンは







ケイリーと出会うということをなかったことにする。







という、過去改変を行います。





ここの過去改変を行う際、今まで使っていた日記が存在しなくなり





手に汗握る展開となっていました。





本当に、こういったタイムリープものは





全ての記憶を所有している人物が切なく、悲しい終わりのものが多いですね。






全体的に見て、私が期待した以上の面白さ、完成度でもあり、






点数をつけるとした、100点中95点くらいだと思います。





私がこういう系が好きなので、だいぶ高得点にしてしまってますが、





観て損することは、絶対ないと思います!!





あと、バタフライエフェクトはあと、2、3と続いているようなので近いうちに観たいと思います。




そして、このバタフライエフェクト、近いうちにリメイクされるそうです。




すごい期待ですね!




では、拙いブログですが、ここらへんで。。。



























っく、、、、、オチが今回思いつかない、、、、、












ハッ・・・・!











ber.png


こいつのこと最初、レニーの大人版かと思ってました。(๑•́ ₃ •̀๑)


みなさんも、そう思いませんでしたか?←


バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション [DVD]

新品価格
¥3,729から
(2014/3/24 03:42時点)




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shirasususususu.blog.fc2.com/tb.php/5-34be6fb1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。